NISAの非課税期間とは?メリットがあるのはいつまで?

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISAをどのように使うのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAと積立NISAの違いは、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる商品が限られています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がかからないこと、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAには5年間という非課税期間の期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、1人1口座だけ持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

最長で5年間という制限があり、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株だと、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。非課税期間はいつまであるのかが大事なポイントになります。

参考:NISAの非課税期間はいつまで?【期限過ぎると手続き必要?】

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年経過後にその年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を無料にするというものもありますし、キャッシュバックなどがある証券会社もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAが始められるのは2023年までです。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。