フラット35審査落ちた理由知りたい?家計もにやさしく!

フラット35sの審査に通る住宅は、その取得価格が高いです。
しかし、フラット35sの審査に通るような住宅は、フラット35sのメリットを享受することで割高になってしまった取得価格を将来的に取り戻すことが可能です。
フラット35sの金利低減効果で金利支払額が節約できることは当然ですが、エコ住宅であれば水道光熱費が節約できます。
そして、耐震や免震住宅であれば火災保険や地震保険料が節約できます。
免震住宅であれば万が一の地震の際にもダメージを最低限に留めることができるという節約の考えもあります。
そして、管理がしやすいというメリットを持っている住宅であれば、管理費の節約ができます。
マンションの場合は管理費が安くなるだけではなく、マンション自体の人気が高くなり売却価格が上がります。
フラット35審査落ちた理由は?【年収・勤続年数基準厳しい?】