教育ローンが借りれないという人と借りれる人の違い

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

きっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、就業していることが条件でありますので無職や年金受給者は借りることができません。

正社員であることは必須要件ではありませんが安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規で働いている人は最低でも2年以上の勤続年数が求められます。

また、年収も200万円以下の場合は審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは親御さんなど保護者が借主となるのですが奨学金は学生本人に貸し付けられます。

借り方についても違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月定額振込みが基本です。

利息についても両者には違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのですが、奨学金は在学中には利息がつきません。

返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金は卒業後から返済していくことになります。

高校生の学費は安いと思っている方もいるかもしれませんが、私立高校の場合、学費だけで年間70万円以上もかかります。

学費が払えない場合どのようなことになるか?最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関なのですぐに除籍になることはありませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

払えないときの解決策は借金になりますが借入先は慎重に選ばなければいけません。

国の教育ローンなら世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行やノンバンクなど多数あります。

その中でおすすめは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

融資額は最高でも350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

大学や高校のみならず中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校でも認められています。

使い途も入学金や授業料のみならず受験料や受験時の交通費・ホテル代などといった支払いにも認められています。

教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、融資機関によって差があります。

低金利な金融機関であれば1%台からとなっているのですが、高金利ところだと10%近いものもあるのです。

銀行のローンであれば口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

また、金利には2種類あり変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

ろうきんは会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社のような営利目的ではないので金利は2から3%程度になっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額でローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

一般の人でもローンを組むことはできますがろうきん会員には優遇金利が適用されるなどといったメリットもあります。

地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

教育ローンの受け取り方として全額まとめて振り込まれる一括借入れ型があります。

参考:教育ローン審査甘い?基準通らない理由!【低金利おすすめは?】

つまりは住宅ローンのように一括で借り入れた金額全てを受け取るタイプの融資です。

銀行などはこの一括借入れ型になります。

一括借入れ型の特色としてはローンの契約が成立すると同時にあわせて返済金額も明確に分かります。

返済計画を立てやすくなりますが追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から開始となります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

教育ローンの返済期間についてですが長いローンで最長20年というものがあります。

ですが、返済期間が長引くほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

銀行が貸付する教育ローンは一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

最近はネット銀行も普及しているのでWeb手続きだけで完結する銀行が多くなり利便性も向上しています。

銀行口座を所有していなくても申し込めるローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

また、住宅ローンの利用でも金利が安くなる銀行もあります。

低金利な教育ローンと言えば教育一般貸付という国営のローンがあります。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

銀行の教育ローンは通常3から5%、信販系になると5から10%となりますので国のローンが群を抜いて低金利であると言えます。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など教育資金であれば使途の範囲はかなり広く認められています。

しかし、教育一般貸付は、低所得者の学生を救済するためのローンになりますので対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。