湿気の多い梅雨の時期になると、世の奥さんたちは苦労している事でしょう。(汗)お母さんが最も苦労するのは、料理ではないかと思います。お弁当を作る場合においては、作り置きして行くことはできません。梅雨時には、料理が傷む可能性があるからです。(汗)お弁当の場合は、朝に作るのが難しくと言えますね。夜に作っておくという場合もあるとは思いますが、これは余計に危険ですよね。梅雨時には、食事が傷まない様な工夫、または対策を講じる必要があります。作り置きしている料理が傷まない方法として、冷蔵庫に入れておくことがあります。当然ですね。また部屋の換気をよくするとか、エアコン、除湿機を使用するなどもあります。この中では、冷蔵庫に入れるのが一番確実ですね。しかし、料理によっては入らないこともあると思います。(汗)最も、一番良いのは作り置きをしないことですがね。(笑顔)。弁当の場合、腐敗防止シート、保冷剤を利用すると良いですね。そんな手もあります。ランチジャーも中身が傷みにくいですよ。これも有効です。また、お弁当の強い味方の冷凍食品も傷みにくい食事です。梅雨時には、これらのものが活躍してくれるでしょう。(笑顔)基本的には、食材の時点での管理が最も重要と言うことになります。調理の時に、食材の臭いや味をチェックしておきましょう。賞味期限には、細心の注意を払いましょう。あまり長い間置いておかないようにしましょう。かなり食材が傷む可能性が低くなりますよ。(笑顔)

関連ページ