色落ちが気にならない白髪染め

白髪染めの色落ち解消!

色落ちが気にならない白髪染めは、大抵酸化染毛剤という永久的に色落ちしない染料が含まれています。
酸化染毛剤は、酸化により、毛髪のキューティクルを開いて、そこから色素が入り込んで、そして毛髪の内部に色素を浸透させて発色をさせます。
そして、開いてしまったキューティクルは閉じる事なく開いたままの状態となりますので、髪の毛にかかるダメージも大きい事が特徴です。
しかし、永久的に白髪を黒く発色させる効果がありますので、その後の白髪染めを行う必要はありません。
すなわち、一度染毛してしまうと、色落ちがしないという事なのです。
これは、発色が濃ければ濃いほど、酸化染毛剤の含まれている量も多くなります。
酸化染毛剤をあまり使用していない白髪染めなどは、色落ちしやすく、定期的に白髪染めをしなければいけません。
しかし、酸化染毛剤により、酸化をさせてキューティクルを開くという工程がありませんので、毛髪にダメージを与える事なく、染毛する事が出来るんです。
どちらにもメリットがあり、またデメリットがありますので、どちらがおススメかは一概には言えませんが、少なくとも酸化染毛剤は、頭皮や毛髪にかなりのダメージを与えてしまうという事だけは確かです。
頭皮にダメージがかかると、さらに頭皮の老化や劣化が進み、さらなる白髪の増加や、抜け毛、脱毛などのトラブルを引き起こしてしまいます。
発色はしっかりしている酸化染毛剤で、白髪の増加だけではなく、抜け毛や脱毛となりますと深刻です。
それを防ぐためにはやはり酸化染毛剤を使用していない白髪染めを使う事が望ましいと考えられますが、中でも天然成分配合トリートメントタイプの白髪染めは、頭皮や毛髪の健康促進も促してくれますので、おすすめです。
酸化染毛剤は含まれておらず、無添加ですので、アレルギー体質の方でも安心して使う事が出来ます。
トリートメント効果も非常に高く保湿効果にも優れていますので、うるおいがあり、つややかな毛髪を手に入れる事も出来ます。
これは酸化染毛剤では考えられない効果でもあり、酸化染毛剤と比較してしまうと、発色の効果は劣りますが、毛髪や頭皮の健康を考えるのであれば、断然、無添加白髪染めを使用した方が、有効的であります。
また、毎日使用しても影響はありませんので、自分のお好みの色まで染め上げる事が出来ます。
髪質により、発色は異なりますが、毎日使用出来るので、自分なりに調節して色見を変える事が出来ます。
頭皮と毛髪の健康を考えるのであれば、ぜひ無添加の白髪染めをお試しください。